たまりば

  オフィシャル オフィシャル  八王子市 八王子市

ナビボタン付き このテンプレートを使うには?



八王子でタイ語を学ぶ、初めてのタイ語 楽しいコミュニケーション


八王子国際協会さんが、タイ生まれの講師をお迎えしてのタイ語講座を開催します。
近年、タイからの観光客や留学生も増えていますし、タイ料理屋さんも目にするようになってきました。
タイ語を学びつつ、タイの文化も身近に感じられる講座となりそうですね。







  • 八王子で英語・英会話・英文購読を学ぶ(初級・中級・上級)


    八王子国際協会さんが、八王子市内在住・在勤・在学の方を対象に、英語を学べる様々な講座を行ないます。
    英語で外国人の方をおもてなしできるようになりたい、自分のレベルにあった英会話を学べる場を探している、異文化理解のために英文購読の力を延ばしたいという方は、ぜひご覧下さい。







  • 八王子でドイツ語を学ぶ、ステップアップドイツ語(八王子国際協会)


    八王子国際協会さんが、八王子市内在住・在勤・在学の方向けにドイツ語講座を行ないます。

    ドイツの町ヴリーツェンが八王子の姉妹都市になりました。
    これを機会にドイツ語の簡単な日常会話を学んでみませんか。







  • 「南京」を現地の大学生が日本語で紹介する冊子、多摩出身の大学講師が企画し発刊


    中国・南京市にある南京郵電大学外国語学院で日本語や日本文化を教える小椋学先生が、日本語で南京のことを紹介する冊子『南京─南京の大学生が紹介する南京─』を企画し、同大学から発行されました。







  • ドイツ出身・八王子在住のシュワルツさんが日本語で語る「ドイツの子育てと教育」


    八王子国際交流協会さんが、年に5回、八王子市内で暮らす外国人の方をゲストにお招きして、ご出身の国の文化や歴史を紹介してもらう「世界の人とふれあいタイム」というイベントを実施しています。

    次回9月10日のゲストは、ドイツ出身で中央大学の講師を務めるアレクサンドラ・シュワルツさん。
    スイス生まれで、4才のときにドイツのバイエルン州北部のヴュルツブルグ市近くの農村へ移住されました。
    ヴュルツブルグ大学で地理と東洋史(古代史)を専攻し、台湾や日本に留学、1989年以来、中央大学で講師としてドイツ語を教えていらっしゃいます。
    東洋史を学ばれていたということは、学生時代から日本や周辺の国々への関心が高かったのでしょうね。

    現在は八王子市在住、3人のお子さんを育てながら、日本の子供のためのボランティア活動をされているそうです。
    そんな、子育てにも教育にも情熱を注ぐシュワルツさんのお話のテーマは、「ドイツの子育てと教育」。

    ドイツという国に関心がある方、子育て・教育に関心がある方、ぜひご参加下さい。







  • 聖蹟桜ヶ丘で世界の若者たちと交流しよう!ワールドキャンパスインターナショナル交流イベント、多摩市国際交流センターが開催


    ヨーロッパ・アフリカ・北米南・オセアニア・イスラム圏を対象に募集される、世界および日本に興味を持つ若者たち向けのホームステイ・交流・学習プログラム「ワールドキャンパスインターナショナル」が、8月に多摩市で開催されます。
    今年は、8月6日(日)~8月12日(土)に多摩市各地でのプログラムに参加。
    8月9日(水)には、聖蹟桜ヶ丘駅前の関戸公民館で「多摩市国際交流センター」さん主催の交流イベントも開催されます。
    多摩市民以外の方でも参加できるそうなので、国際交流に興味のある方は、ぜひ参加してみては?






  • 八王子市・ヴリーツェン市友好交流協定締結記念、肥沼信次の生涯描く演劇「冬桜のリーベ」上演


    市制100周年を迎える八王子市が、ドイツのヴリーツェン市と海外友好交流都市としての協定を結びます。
    ヴリーツェン市と聞いても、どんな地域なのか?八王子市とどんな繋がりがあるのか?まだまだ知られてないと思いますが、実は両市の間には、とある人物を介して、70年以上にも渡る深い関係があるんです。

    その人物とは、「肥沼信次(こえぬま のぶつぐ)」さん。
    八王子市出身の医師で、第二次世界大戦後、「発疹チフス」という感染症が蔓延していたヴリーツェン市の伝染病医療センターに着任し、献身的な治療により、多くの命を救いました。
    今でも、ヴリーツェン市内には、彼の功績を称える記念碑や顕彰碑が設置されていたり、彼の命日に毎年慰霊祭が行われたりと、敬愛されています。

    その肥沼信次さんの生涯を、現代の八王子で暮らす人たちにも知ってもらおうと、音楽劇とトークライブが開催されますので、ご紹介しましょう。







  • 【桜美林大学】留学生による日本語スピーチコンテスト開催、6/21



    設立時より国際人の育成を目標として掲げ、外国語教育だけでなく留学や国際交流などにも力を注いでいる桜美林大学さんが、留学生による日本語スピーチコンテストを開催します。




  • さんかくFESTA 2017 6/4(日)・井之頭恩賜公園


    武蔵野市を中心に、外国人の方を含めた多世代・多文化交流を促進する団体「Wa-shoiパートナーシップ」さんが運営に携わるイベントのご紹介です。

    地域の農産物や無添加の焼き菓子、アート作品、アクセサリー、ハンドメイド雑貨、インド、ネパールの薬膳スパイス料理などが並ぶ「みんなでマルシェ」や、神田川いきもの探検隊によるじゃぶじゃぶ自然観察、アイリッシュバンドMonllowによるライブなど、ジモトを楽しめる内容盛りだくさん。

    「さんかくFESTA」というイベント名から地元の人はピンと来たかもしれませんが、会場は井の頭公園の西側にある「三角広場」周辺です。
    井の頭線の「井の頭公園駅」を出て目の前ですね。
    武蔵野・三鷹エリア、井の頭公園周辺の皆さん、ぜひお出かけ下さい。




  • 八王子出身、ドイツで活躍した医師・肥沼信次の生涯描く演劇「冬桜のリーベ」上演


    2020年の東京オリンピック開催に向けて、「質の高いおもてなし」とは何かを、外国人の目線に立って研究し、ホスピタリティ精神を民間レベルから醸造していくことを目指し活動されている「おもてなし国際協議会」さんが主催するイベントの紹介です。

    ピースフェスタ2017 平和のメッセージ~過去から未来へ~
    5月13日(土)、八王子市周辺の社会人、学生で構成される演劇グループ「しろくもかんぱにー」が演劇公演「冬桜のリーベ」を開催します。これは、第二次世界大戦終戦後のドイツ・ヴリーツェン市で、伝染病治療に尽力した八王子市出身の医師・肥沼信次博士の生涯を描いた劇で、献身的な治療で多くの命を救った博士の平和と愛の精神を、現代の私たちに伝えるためにイベントを企画しました。







  • 店舗・企業情報

    会社名

    ジェイ・ライン株式会社

    住所

    〒160-0022
    東京都新宿区新宿1-36-4
    丁子屋ビル 5F

    TEL

    03-5367-0841

    営業時間

    10:00~18:00

    定休日

    毎週土日、祝日

    URL

    https://www.j-line.co.jp/

    コメント

    多摩の地域ポータルサイト「たまりば」運営の他、1993年の設立以来、企業の人材採用における課題解決に取り組んで参りました。
    弊社の外国人人財紹介サービスは、語学力を必要とされる実務分野、国際業務、IT関連業務など様々な人財ニーズにお応えして参ります。
    有料職業紹介 27-ユ-301855
    →お問い合わせはこちらから